• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 栗原由子さん日本画展 in昭和の家 本日から

10月17日(火)~10月27日(金)の10日間、

栗原由子さんの日本画展が開催されました。

17日の初日は安行庭苑もご挨拶を兼ねて伺いました^^

白い築地塀が続くお家で、こちら入口でございます。

栗原さんの個展の中、縁側カフェもやっております^^

昭和14年に建造された洋館付き和風住宅らしく、

中の意匠もシンプルながら凝っています。



手前の欄間も細い桟を縦に細かく組んだものらしいです。

お庭。近景にある社長が剪定したウメが素晴らしいです^^

こちらが今回の個展のポスターにもなった安行庭苑の据えた石。
丁度、据えている最中に栗原さんがいらっしゃって、絵にしていました。

こちらが原画。実は2枚で1組。キラキラしているのは銀箔が散りばめられています。

個展は27日までです。ぜひいらしてください^^


          ↓
          ↓
          ↓
          ↓

絵画つながりからお庭のウメとモミジの補足^^

社長が剪定しているウメについて↓

日本画家の巨匠・竹内栖鳳の「梅に鶯」のこのウメの枝の

長さと、スッとした立ち加減が栖鳳の絵画の梅のようです

あ、これだな、と分かると実に楽しいのでお庭も少し注目です^^

竹内栖鳳の掛け軸「梅に鶯」

昭和の家のウメ

もう一点は、前回もブログ等で書きましたが、安行庭苑十八番・モミジです^^

足立美術館にある横山大観の「紅葉」そっくりに剪定。

大観のモミジは赤く紅葉していますが、平田様邸・昭和の家のモミジは黄色くなるそう。

大観のモミジ黄色バージョンも見れる気分ですね。

絵画を見ながらお庭もみると、

幹や石の色、枝の感じ、色々な気づきが出てきます。

今回は是非、栗原さんの絵画を見ながら、庭も見てください^^


横山大観「紅葉」

昭和の家モミジ

GLOBENIWAOINUI FUSIONHU丸ハ吉田木工Gテリア株式会社new moral standardJAGmakeland

(c)angyoteien.com