足立美術館をご紹介します。

白とグレーのシンプルな美術館でした。
 

駐車場から表に回ると凄いのは、足立美術館入口にある「歓迎の庭」です。

入口の赤松は全てナナメに植えられています。

赤松は館内含め、全て斜め。

これは、元々傾斜で育った赤松を移植したため、同じ状態のまま移植することが樹に負担を

かけないという庭師の哲学に基づくものらしいです。


 

足立美術館の赤松やイヌマキは枝をスッと長くしており、ふんわりと風になびくように剪定されていました。

足立美術館の秋は、紅葉と赤松のコントラストが本当に綺麗です。

石垣も綺麗に積んでありました。



 

GLOBENIWAOINUI FUSIONHU丸ハ吉田木工Gテリア株式会社new moral standardJAGmakeland

(c)angyoteien.com