お久しぶりです。三好です^^

先日は「難所高木剪定」ということで機材の入らない

20mのタブのあるお客様宅の剪定工事をさせて頂きました。

高所作業車も届かなかったり、搬入経路がないような場所にある

巨木を剪定するためのロープワークを使った特殊剪定です。






 

安全ベルトと腰道具が多く重そうに見えますが、実際に樹に登って

体を支える命綱はロープ1本です。

1本のロープに体重が完全に乗っているので、何よりも注意することは

そのロープを傷つけないことです。

少しでもロープに切れ目が入るとそのままロープが切れて

落下する危険も伴います。
 

見えづらいですが、作業中の写真^^

ロープを樹の幹に巻き、そこからは自在に枝を伝って樹の外側まで

移動できます。

枝がなかったりと、必ずしも全ての樹に脚立や二連梯子が

かけられるとも限らない中で、この技術をマスターすることで

剪定の時間も短縮でき、外側から樹を見ることができるので

利点が多いと感じます(かなりの精神力が必要ですが...)

 
私も少しだけ安全ベルトをつけてぶら下がらせてもらいましたが

安全ベルトがしっかり支えてくれているので体は非常に楽です。

ただ怖いのはやはりチェーンソーや鋸を持って剪定するので

誤って命綱のロープを切ってしまうことだと思います。

よくテレビなどでは「空師」とも紹介されるのを見かけますが

改めて人間業は凄いと感じます。

 

GLOBENIWAOINUI FUSIONHU丸ハ吉田木工Gテリア株式会社new moral standardJAGmakeland

(c)angyoteien.com